ホーム > 用語辞典 > 建築用語辞典 せ

  《PR》     


 W-Wallet 建築用語辞典 せ


用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

数字

 ・背
 ・成
 ・正圧
 ・静圧
 ・精漆
 ・静荷重
 ・制限付一般競争入札
 ・製材
 ・清色
 ・脆弱
 ・制震工法
 ・脆性
 ・生石灰
 ・整層積み
 ・背板
 ・整地
 ・静定アーチ
 ・静定構造
 ・静定構造物
 ・静定トラス
 ・静定梁
 ・静定ラーメン
 ・青銅
 ・正投影法
 ・せいろう造り
 ・セオドライト
 ・背返し
 ・セカンドハウス
 ・堰板
 ・石英ガラス
 ・石英斑岩
 ・赤外線
 ・赤外線吸収ガラス
 ・積載荷重
 ・積算
 ・積雪荷重
 ・積層材
 ・積層書架
 ・石庭
 ・石綿スレート板
 ・石綿セメント板
 ・石綿平張り
 ・関守石
 ・施工監理
 ・施工管理技士
 ・施工計画書
 ・施工者
 ・施工図
 ・施工軟度
 ・施主
 ・軟障
 ・是正措置
 ・ゼツェッション
 ・絶縁工法
 ・絶縁塗料
 ・石灰
 ・雪害
 ・石灰岩
 ・絶乾材
 ・絶乾比重
 ・せっき質タイル
 ・設計応力
 ・設計監理
 ・設計基準強度
 ・設計事務所
 ・設計者
 ・設計数量
 ・石膏ボード
 ・石膏プラスター
 ・石膏プラスターボード
 ・接触式温度計
 ・接触腐食
 ・絶対温度
 ・絶対湿度
 ・絶対高さ
 ・絶対容積調合
 ・接着剤貼り
 ・接着試験
 ・折衷様式
 ・雪隠
 ・接道義務
 ・節点
 ・せっとう
 ・セットバック
 ・折板屋根
 ・設備階
 ・設備図
 ・ゼネコン
 ・セパレーター
 ・セミオーダーキッチン
 ・セミハードボード
 ・セミパブリックスペース
 ・攻め鉋
 ・セメント
 ・セメント瓦
 ・セメントの種類
 ・セメントペースト
 ・セメント水比
 ・セメントミルク工法
 ・施釉タイル
 ・迫り持ち
 ・セルフレベリング
 ・セルラーダクト方式
 ・ゼロエミッション
  ・背割り
 ・栓
 ・膳板
 ・繊維板
 ・繊維飽和点
 ・繊維補強コンクリート
 ・潜函工法
 ・潜弧溶接
 ・前栽
 ・前視
 ・禅宗様
 ・禅宗様肘木
 ・洗浄弁
 ・センターコア
 ・せん断応力
 ・せん断応力度
 ・せん断荷重
 ・せん断弾性係数
 ・せん断破壊
 ・せん断歪度
 ・せん断補強
 ・センチュリー
   ハウジングシステム
 ・銑鉄
 ・全天空
 ・全天日射量
 ・セントラルヒーティング
 ・潜熱
 ・線番
 ・全般拡散配光
 ・全般照明
 ・線樋
 ・洗面室
 ・前面道路
 ・専有部分
 ・専用事務所
 ・専用住宅
 ・栓溶接
 ・専用庭




 背(せ)
板材や丸太などの膨らんでいる方をいう。

 成(せい)
縦長の長方形の断面の縦方向の長さをいう。横方向は幅という。一般的に梁などは縦長の長方形で、「梁せい(はりせい)」とよばれる。

 正圧(せいあつ)
物体の表面において、圧縮方向に働く圧力。

 静圧(せいあつ)
流体中で、流れに平行に置かれた平面に垂直に働く圧力。静圧力。

 精漆(せいうるし)
生漆を加温精製したもの。

 静荷重(せいかじゅう)
構造物に加わる荷重のうち、時間的に変化しない一定の荷重。定荷重。死荷重。

 制限付き一般競争入札(せいげんつきいっぱんきょうそうにゅうさつ)
建築工事の規模や種類によって、参加者に制限を定めた入札。

 製材(せいざい)
丸太を製材機械を用いて挽材(ひきざい)し、角材、板材、割材などを生産することを製材というが、できあがった製材品そのものを製材ということもある。

 清色(せいしょく)
濁色に対する言葉。純色に白または黒をくわえてできる色で、白をくわえると明るい色になり、黒をくわえると暗い色になる。明度数により明清色、暗清色にわけられる。

 脆弱(ぜいじゃく)
濁色に対する言葉。純色に白または黒をくわえてできる色で、白をくわえると明るい色になり、黒をくわえると暗い色になる。明度数により明清色、暗清色にわけられる。

 制震工法(せいしんこうほう)
エネルギーを吸収するダンパーを設けている。高層RC造のように重い建物にの場合、各階にダンパーを設ける。また、タワーのように軽い建物には、最上階にダンパーを設置する。風揺対策、地震対策、交通振動対策等に有効。メンテナンスフリーが長所。

 脆性(ぜいせい)
物体が外力を受けたときに、あまり変形しないうちに破壊する性質。もろさのこと。

 生石灰(せいせっかい)
石灰石を900℃〜1100℃程度に熱すると分解し、二酸化炭素と生石灰となる。生石灰は水と激しく反応して吸収、発熱するため、乾燥剤に用いられるほか、発熱を利用して弁当や缶入り清酒の加温剤としても使用されている。

 整層積み(せいそうづみ)
石積みにおいて、各層ごとに横目地を通して積む方法。

 背板(せいた)
@ 腰掛けなどの、人の背が当たる部分に取り付けられた板。
A 材木から角材や板をとった残りの、片面に丸みのある板。

 整地(せいち)
建築のため、土地をならし地固めをすること。「地ならし(じならし)」ともいう。

 静定アーチ(せいていアーチ)
静定構造のアーチのことをいう。

 静定構造(せいていこうぞう)
外力に対して生じ得る反力が3つの構造物で、安定するのに必要最低限の構造でしかなく、どのような反力がどの程度生じるかを確かめる計算がしやすい。が、部材や反力が1つなくなると、不安定構造物になるなどの特徴がある。

 静定構造物(せいていこうぞうぶつ)
力の釣り合い条件のみで反応や応力を求めることのできる構造物のこと。

 静定トラス(せいていトラス)
静定構造のトラスのこと。力の釣合条件式によって反力を求めることが出来、その後に部材の応力が算出される。

 静定梁(せいていばり)
安定した構造物で、力の釣り合い条件のみから構造物の支点に作用する 反力及び構造物に作用する内力(応力)を定めることができる構造。

 静定ラーメン(せいていラーメン)
ラーメン構造のうち静定なものをいい、力の釣り合い条件式から反力を求め、その後、各部材の応力を求める。

 青銅(せいどう)
銅を主成分とした銅とすずの合金。大砲の砲身がこの 青銅の鋳物で造られていたことから、「砲金(ほうきん)」ともいう。

 正投影法(せいとうえいほう)
投影図法の一つ。立体図形を、互いに直交する三平面に正射影して平面に表現する方法。

 せいろう造り(せいろうづくり)
井籠造りと書く。木材を井桁(いげた)状に積み重ねて四面の壁とした建築構造で弥生時代の高床式の穀庫が代表例。

 セオドライト
角度を計測する測量機器のひとつ。「トランシット」ともいう。最近ではトランシットの呼称に代わりつつある。

 背返し(せかえし)
垂木や組子などを部材のせいと同一間隔にして配置すること。

 セカンドハウス
日常の居住以外に、レクレーションやレジャーなどのために造られた第二の住居。

 堰板(せきいた)
@建築の基礎工事や土木工事で、掘削した所の土が崩壊しないように設ける土留め用の板のこと。
Aコンクリートを流し込み、所定の形に固まるまで流出しないように設ける型枠のこと。

 石英ガラス(せきえいガラス)
石英 ( から作成されるガラスで、S純度が高いものをいう。耐食性、耐熱性にすぐれ、非常に透明なことから、理化学用途や光ファイバーの材料などに幅広く用いらている。溶融石英、溶融シリカ、シリカガラスなどともよぶ。

 石英斑岩(せきえいはんがん)
石英およびアルカリ長石 (主として正長石) の斑晶を有し,明確な斑状組織を有する酸性の半深成岩または貫入岩。石基は微晶質ないし潜晶質。白雲母あるいは黒雲母の斑晶を含むこともある。これらの斑晶の量比の大きいものを花崗斑岩という。

 赤外線(せきがいせん)
太陽スペクトルの赤色部の外側にあって目に見えない光線。波長は約0.77ミクロンから1ミリ程度で。熱作用が大きく透過力も強いので、医療や赤外線写真などに利用されている。またテレビのリモコンや携帯電話のデータ転送など、近距離データ通信にも用いられている。

 赤外線吸収ガラス(せきがいせんきゅうしゅうガラス)
赤外線をよく吸収する特殊ガラスのこと。太陽光のまぶしさを防ぐと同時に、室内冷房の効率をあげることができる。「熱線吸収ガラス(ねっせんきゅうしゅうガラス」「吸熱ガラス(きゅうねつガラス)」ともいう。

 石構造(せきこうぞう)
主要な骨材が石材で作られた構造。「石造(せきぞう)」ともいう。

 積載荷重(せきさいかじゅう)
人や物の重量など、建物の床に加わる荷重のことで、建築物の構造計算に用いる。活荷重ともいう。

 積算(せきさん)
設計図書に基づき、建物の構成する製品・部材の体積、面積、数量を算出すること。

 積雪荷重(せきせつかじゅう)
降雪が構造物の上に積もって生じる荷重で、積雪量・雪質等によって荷重が大きく変わる。又、地域性が極めて強いため、多雪区域と一般区域に分けて扱うのが一般的。

 積層材(せきそうざい)
板または小角材などを繊維方向に平行にして積層接着したもののこと。

 積層書架(せきそうしょか)
図書館などで、多層にわたって積み重ねられ、途中に書物の取り出し用の床を設けた書架のこと。スペースの有効活用ができる。

 石庭(せきてい)
庭木をほとんど使わないで、岩・石・砂でつくられた庭のことで、本来は京都の竜安寺の庭のみの呼称だった。

 石綿スレート板(せきめんスレートばん)
人造スレートの一種。セメントに石綿(アスベスト)を混ぜて圧縮成型した板状の材料。屋根材や外壁材として用いたが、石綿は2004年より使用が禁止されている。

 
 石綿セメント板(せきめんセメントばん)
外壁材、屋根材、天井材として広く使用され、セメントに石綿と水を混ぜ、板状に整形した後に水分を取り除いた製品。 なかにパルプ、硅酸カルシウムを多少入れる場合もある。耐火性、耐水性、耐蝕性、耐候性に富み、乾湿による伸縮が少ない。石綿スレートともいう。

 石綿平張り(せきめんひらばり)
防火の目的で用い、塗装や吹付け仕上げとすることが多く、石綿セメント板を壁や天井に張ったもの。

 関守石(せきもりいし)
茶庭で露地の飛石の岐路に置いて、通行止めの標識とする石で、蕨縄(わらびなわ)または棕櫚縄(しゆろなわ)で十文字に結んである。

 施工監理(せこうかんり)
設計内容および施工計画どおりに施工が進められているかということを監督・監理すること。監理者は、一般的には設計者本人またはその協力者がなるが、監理業者などの第三者に委託する場合もある。

 施工管理技士(せこうかんりぎし)
建設業法第27条に基づく国家試験に合格したものが、検定の種目及び級に応じて建設業法に規定する許可の要件としての営業所に置かれる専任技術者及び工事現場に置かれる主任技術者又は監理技術者(ただし1級のみ。指定建設業以外に限り2級は別途実務経験年数を満たせば可)の資格を満たす者として取り扱われる。

 施工計画書(せこうけいかくしょ)
請負者が当該工事で実際に施工する内容を具体的に図書にし、その通りに施工すると約束したもの。

 施工者(せこうしゃ)
工事請負契約により設計図書に基づいて工事行い完成させる者のこと。

 施工図(せこうず)
施工図は現場で工事をするために書かれた図面をいう。原寸図とか躯体図、仕上の詳細図など多岐多様に渡る。


 施工軟度(せこうなんど)
材料分離を生じることなく、運搬、打込み、締固め、仕上げなどの作業が容易にできる程度を表すフレッシュコンクリートの性質のこと。「ワーカビリティー」ともよぶ。

 施主(せしゅ)
建築工事の注文主。建築主。

 軟障(ぜじょう)
宮中の行事の際の装飾を兼ねた障屏用の幕の事で、これを柱の間、御簾(みす)の内側にかけた。一般的には、絹地の表面に唐絵や大和絵を描き、周囲に紫の綾(あや)の縁を巡らし、乳(ち)に綱を通して取り付ける。

 是正措置(ぜせいそち)
違反建築物などに対し、法令の基準に適合するように特定行政庁により行われる命令などの是正の処理の手続きをとること。

 ゼツェッション
「分離派」と訳されている。19世紀末以降、ドイツ・オーストリアの各地では、既存の保守的・閉鎖的な芸術家協会等の機構のなかでは自由に発表活動ができない、発表の場が与えられていないと考えた、進歩的な芸術家たちが、官営事業化している展覧会とは別に、彼ら自身の協会や展覧会組織を持とうとし、相次いで新しく芸術家集団を結成した。

 絶縁工法(ぜつえんこうほう)
密着工法の弱点である下地に含まれる水分によるふくれ、建物の揺れによる下地ジョイント部からの破断、作業員による防水層の不安定性などを解消する工法。

 絶縁性塗料(ぜつえんせいとりょう)
電子部品やプリント基板に塗布して接触によるショートや腐食から守る塗料。

 石灰(せっかい)
古くから漆喰や大津壁の材料として使用されてきてた。石灰岩を焼いた生(き)石灰の粉末を水和させて製造する消石灰のこと。

 雪害(せつがい)
雪による建築物などの被害のこと。

 石灰岩(せっかいがん)
炭酸カルシウムを主成分とする堆積岩の一種。主として方解石からなり、一般に細粒・塊状の岩石で、化石をよく含んでいて、白または灰色をしている。

 絶乾材(ぜつかんざい)
まったく水分を含まない状態の木材。

 絶乾比重(ぜつかんひじゅう)
絶対乾燥時の重量を、その時の容積で除した値。

 せっき質タイル(せっきしつタイル)
原石と多量の粘土を主原料として1200度前後で焼かれたタイル。吸水性が少なく、叩くと澄んだ音がする。床タイルとして多用されるクリンカータイルはせっ器質タイル。

 設計応力(せっけいおうりょく)
固定荷重・積載荷重・積雪荷重・地震力および風圧力などによって、構造物各部に生じる応力を求め、これらの応力のうち、実際に起こるであろう応力の組み合わせを考え、その中で最も不利な応力。

 設計監理(せっけいかんり)
設計者と監理者を兼ねること。

 設計基準強度(せっけいきじゅんきょうど)
設計に際し採用する強度のことだが、単独で使用はしない。たとえば、「コンクリートの設計基準強度」「耐震設計基準強度」などと言う風に使用する。

 設計事務所(せっけいじむしょ)
設計活動を主とする営利の業務をおこなっている事務所の呼び名。建築の場合、意匠設計と構造や設備などの設計を総合的におこなう規模のある設計業務専業の事務所はごく少数である。構造や設備は外注の事務所に出す事が多い。

 設計者(せっけいしゃ)
建物などの形・構造・外観などの設計図書を作成する者のこと。

 設計数量(せっけいすうりょう)
数量積算を行うにあたって、コンクリートの体積や左官工事などの仕上げ面積などのように設計図に示された寸法から割り増しを含まずに算出計上される数量。

 設計図書(せっけいとしょ)
建築物や工作物および敷地に関する、工事用の図面の総称。配置図、平面図、立面図、展開図、矩計図、各種伏図、設備図、仕上表などから構成される。

 石膏ボード(せっこうボード)
プラスタボードともいい、図面などではPBと表記される。芯材に石膏を入れ、その両面と側面をボード用紙で被覆した板。耐火・防火・遮音性能をもち、室内の仕上げ下地としてよく使われる。

 石膏プラスター(せっこうプラスター)
収縮性の石膏と膨張性の石膏を混合し、必要に応じて緩結材をくわえたもののこと。

 石膏ラスボード(せっこうプラスターボード)
孔(あな)あきの石膏ボードのことで、下地材として使用される。左官による塗仕上げ材料の付着を良くするために孔があけられている。

 接触式温度計(せっしょくしきおんどけい)
熱電対によるセンサーを接触させることによって、表面の温度が測定できる温度計のこと。

 接触腐食(せっしょくふしょく)
異種金属には電極電位の相違があり、異種金属が接触している部分に水分が存在すると、電気分解を起こし、陽極側の金属が腐食する。

 絶対温度(ぜったいおんど)
個々の物質の特性によらず、熱力学の法則から理論的に定められた温度。物質を構成する原子・分子の熱による振動がすべて静止する温度を零度、水の三重点を273.16度と定義し、目盛間隔をセ氏温度と同じにとったもの。

 絶対湿度(ぜったいしつど)
空気中に含まれている水蒸気の割合。空気の乾湿の程度を表すもので、ふつう相対湿度をさし、空気1立方メートル中に存在する水蒸気量(絶対湿度という)と、その温度における飽和水蒸気量との比を百分率で表す。

 絶対高さ(ぜったいたかさ)
第一種低層住居専用地域、または第二低層住居専用地域において定められている建築物の高さの限度。10m又は12mを超えてはならない。

 絶対容積調合(ぜったいようせきちょうごう)
コンクリートの練り上がりについて、各材料を絶対容積で表したもの。 各材料の重量をそれぞれの比重で除して求める。

 接着剤張り(せっちゃくざいばり)
正しくは「有機接着剤張り」。主に内装タイルに使用する工法で、張り付け材料がモルタルから有機接着剤になったところが特徴。圧着張りの欠点である塗り置き時間の問題は同様にあるが、モルタル施工に比べて剥離の危険性がはるかに少なく、白華が起きない、施工性が良いなどで普及が進んでいる。単に「接着剤張り」と呼ぶこともある。

 接着試験(せっちゃくしけん)
タイル張り施工後の接着力の試験のこと。

 折衷様(せっちゅうよう)
社寺建築の一様式。和様を基礎とし、新様式の唐様・天竺てんじく様の特徴を取り入れる。鎌倉末期から室町時代にかけて行われた。大阪府の観心寺本堂はその代表例。

 雪隠(せっちん)
茶庭に設けられる1坪ほどの便所で庭木で見えない位置に独立して建てられる。また、内路地に装飾として設けられる砂雪隠もある。

 接道義務(せつどうぎむ)
建築基準法上、都市計画区域内に建物を建てる場合は、その敷地は建築基準法で定めた道路に2m以上接していなければならないこと。ただし、この場合、自動車のみの交通にしか利用できない道路などは対象外となる。

 接点(せってん)
構造物を構成する部材と部材の接合点。

 せっとう
石工事において用いられるのみの頭を叩く小型の槌。

 セットバック
@建物が下の階から上の階へいくにしたがって順次後退し、その外観が階段状になっているもののこと。
A敷地前面の道路が4メートル未満の二項道路の場合、道路の中心線から2メートルの線まで道路の境界線を後退させること。その部分は道路とみなされる。壁面後退。

 
 折板屋根(せっぱんやね)
鋼板やアルミニウム合金を凹凸状に折り曲げて、同形の受け金物にかぶせて、重ね部でボルトで締めやはぜ締めで接合する屋根葺きの工法のこと。工場の屋根などでよく見かける。

 設備階(せつびかい)
塔屋や電気室、空調機械室などのような設備関係の諸室が集中する階。

 設備図(せつびず)
建築の電気設備・給排水衛生設備などの建築設備に関する設計図面のことをいう。

 ゼネコン
General Contractorの略称です。元請負者として各種の土木・建築工事を一式で発注者から直接請負い、工事全体のとりまとめを行う建設業者をいい、総合建設業と呼ばれるが、ゼネコンが一般的。

 セパレーター
型枠における相対するせき板間の間隔を一定に保つための両端にネジを切ったボルトのこと。

 セミオープンキッチン
キッチンとリビング・ダイニングの空間的つながりを保ちながらも、垂れ壁やキャビネットなどで一部を遮るキッチンプランのこと。

 セミハードボード
植物繊維と接合剤をともに熱圧形成してつくられる板材。「半硬質繊維版(はんこうしつせんいばん)」ともいう。

 セミパブリックスペース
ホテルのロビーや団地の共同管理の庭などのような、建物内外における準公共的な空間、もしくは共同管理の空間。

 攻め鉋(せめかんな)
台がサルボウ縁の形をしており、刃が下いっぱいに出て、両角が非常に鋭利に鉋刃を仕込んであり、両角に刃が出るので隅を削るに便利。この鋭利な両角を利用でき、家具指物やその他小細工には非常に便利な鉋。

 セメント
モルタルまたはコンクリートをつくるために骨材を結合する材料のこと。セメントということばは本来、固める、接合する、結合するという意味。

 セメント瓦(セメントがわら)
セメントと砂とを重量比で1:3に調合したモルタルでつくられる瓦のこと。

 セメントの種類(セメントのしゅるい)
生コンに使用するセメントの種類を表す記号で、ポルトランドセメントの12種類と混合セメントの9種類がある。一般的な種類には、普通セメントはN,普通セメントより早期に強度がでる早強セメントはH,近年土木工事で多く使用される高炉セメントB種はBBとなる。

 セメントペースト
セメントを水で練ってのり状にしたもの。

 セメント水比(セメントみずひ)
 コンクリートの強度を表す指標のひとつ。主要な材料であるセメントと水との割合で、水量をw、セメント量をcとすると「c/w」の百分率で示される。水が多いほど練り混ぜしやすく、型枠にも打ち込みやすい半面、コンクリートの強度は低下する。

 セメントミルク工法(セメントミルクこうほう)
掘削された縦孔に既成抗を建込み、セメントミルクの根固め液で固める工法のこと。

 施釉タイル(せゆうタイル)
表面に釉薬を塗った後に焼成したタイル。

 迫リ持ち(せりもち)
石などの重いものを二人以上で人力で動かすこと。「相持ち(あいもち)」ともいう。

 セルフレベリング
左官材料のひとつでコンクリートの床の上に流して、床を水平にするために使うもの。あるいはその工法のこと。

 セルラーダクト方式(セルラーダクトほうしき)
コンクリート製床スラブ型枠のデッキプレートの溝を、床配線用のダクトとして用いる方式のこと。

 セロエミッション
廃棄物を出さない製造技術を開発する計画。ある企業・産業で排出される廃棄物を、別の企業・産業の原料として使うなどして、トータルで廃棄物をゼロにしようというもの。

 背割り(せわり)
乾燥による割れを防ぐために、あらかじめ材の背面を樹心まで挽き割っておくこと。

 栓(せん)
木材の接合で、継手や仕口の補強に用いる小木片のこと。

 膳板(ぜんいた)
窓の室内側の下側の額縁で、窓台として腰壁の見切りとして付く板のこと。

 繊維板(せんいばん)
植物繊維を主原料としてつくられる板材の総称。「ファイバーボート」ともいう。

 繊維飽和点(せんいほうわてん)
木材の細胞が最大限度の水分を含んだときの含有率。含水率30%程度の時をいう。

 繊維補強コンクリート(せんいほきょうコンクリート)
引張りに対する抵抗性、曲げに対する抵抗性、ねばりなどを改善するために、鋼繊維やガラス繊維などを混入したコンクリート。トンネル覆工、コンクリート製品、プレキャスト部材などに使われる。

 潜函工法(せんかんこうほう)
ケーソンや地下室を地上でつくり、下部を掘り下げて、所定の深さに沈設する基礎の工法。

 潜弧溶接(せんこようせつ)
自動アーク溶接の一つで、溶接部にフラックスを散布し、その中にワイヤを送り溶接を行う方法。

 前栽(ぜんさい)
@ 草木を植え込んだ庭のこと。寝殿造りでは正殿の前庭をさす。
A 庭先に植えた草木のこと。

 前視(ぜんし)
レベル測量において、未知点の高さの目盛りを読むこと。

 禅宗様(ぜんしゅよう)
鎌倉時代に宋から禅宗とともに伝わった仏教建築様式。軒の反りが大きく、詰め組み・桟唐戸さんからど・火灯窓などを特徴とする。

 禅宗様肘木(ぜんしゅようひじき)
木口の垂直面と下端の曲面が円弧によって、連続的に構成された肘木。

 扇状弁(せんじょうべん)
フラッシュバルブの別名。水洗便所における大便器に取り付けられ、洗浄水を流すために取り付けられた弁。

 センターコア方式(センターコアほうしき)
キッチンや浴室、洗面室、トイレなど水回りの設備を住戸の中心部にまとめた間取りのこと。水回り部分が居住空間を仕切る形になり、ほかの部屋の独立性が高くなる。

 せん断応力(せんだんおうりょく)
部材を切断しようとする外力に対抗する一対の力。

 せん断応力度(せんだんおうりょくど)
部材にせん断応力が作用している時の単位面積あたりの力。

 せん断荷重(せんだんかじゅう)
部材を切断しようとする荷重。

 せん断弾性係数(せんだんだんせいけいすう)
弾性限度内における、せん断応力度とせん断歪みどの比例定数。「剛性率(ごうせいりつ)」ともいう。

 せん断破壊(せんだんはかい)
せん断破壊とはせん断という変形によって引き起こされる破壊。曲げ破壊より危険。

 せん断歪度(せんだんひずみど)
せん断力の作用によって、元の位置に対してずれた距離。

 せん断補強(せんだんほきょう)
鉄筋コンクリート梁の斜めのひび割れ対策として、あばら筋などを用いて補強すること。

 センチュリーハウジングシステム
長期間にわたって快適に住み続けられる住宅を供給するための認定事業。部屋の広さや間取りが変えられること、住まいを傷めずに配管などの部品の交換ができること、耐久性の高い部材や構造を用いることなど、一定の基準を満たすとCHS(century housing system)住宅と認定され、認定証が交付される。国土交通省所管の財団法人ベターリビングが運営。◇「百年住宅」ともいう。

 銑鉄(せんてつ)
鉄鉱石を溶鉱炉で還元して取り出した鉄で、3〜4パーセントの炭素と少量の珪素(けいそ)・硫黄・燐(りん)などの不純物を含み、硬くてもろい。大部分は製鋼用に、一部は鋳物用に使われる。

 全天空(ぜんてんくう)
地平線から天頂にかけて、遮るものがない空全体のこと。

 全天日射量(ぜんてんにっしゃりょう)
全天空からの日射量を測定したものが、全天日射量である。直達日射量(水平面での値に換算したもの)と散乱日射量の和に等しい。

 セントラルヒーティング
一箇所の熱源装置から熱を暖房が必要な各部へ送り届ける暖房の方式である。中央暖房ともいう。

 潜熱(せんねつ)
物質の状態変化のとき、温度の変化を伴わないで吸収または放出される熱量のこと。

 線番(せんばん)
針金や電線などの太さを示す番号のこと。1番から42番まであり、番号の小さいもののほうが太くなる。

 全般拡散配光(ぜんぱんかくさんはいこう)
光源から出た光が全方向に広がる配光のしかた。眩しさや陰影を抑えたやわらかい光で部屋全体を均一に照らす方式で最も一般的。

 全般照明(ぜんぱんしょうめい)
室全体を一様に照明する方式。

 線樋(せんぴ)
屋内電気配線工事において、電線を保護するために用いられる器具。金属製や木製などのものがある。筒や溝の中に電線が収められる。露出配線やコンセントなどの設置の際に用いられる。

 洗面室(せんめんしつ)
化粧・洗顔を主とした洗面器・流し・化粧棚・鏡などを設置した室のこと。洗面室単体で設けることは少なくトイレに付属しているのが一般的。

 前面道路(ぜんめんどうろ)
法文上、接道義務規定(法43条)と前面道路との関係は規定」されていない。少なくとも法43条に適合していなければ、その建物自体が建築できないのであることから、2m以上の接道を有する道路が建築基準法上の「前面道路」であると一般に解されている。

 専有部分(せんゆうぶぶん)
区分所有者(そのマンションの各戸の所有者)が単独で所有する部分。将来は自分の意志だけでリフォームなどの変更が可能。

 専用事務所(せんようじむしょ)
一つの企業が全体ロ使用する目的で建てられる事務所建築。

 専用住宅(せんようじゅうたく)
純粋に居住だけの機能を持った住宅。

 栓溶接(せんようせつ)
溶接される2枚の板材を、外周部の溶接のほかに、1枚の板材の中央部に孔をあけ溶着金属でうめる溶接のこと。「プラグ溶接」ともいう。

 専用庭(せんようにわ)
マンションの1階住戸だけについている前庭のこと。専用庭使用料が設定されているのが一般的。また、周囲を植栽で囲い、前面の通路から距離を取ることで、1階住戸のプライバシー保護の役割も果たしている。日常的な管理はその住戸の居住者が行う。専用庭を含めて、敷地は区分所有者全員の共有なので、勝手に現状を変更する事はできない。





 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.