ホーム > 用語辞典 > 建築用語辞典 る

  《PR》     


 W-Wallet 建築用語辞典 る


用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

数字

 ・ルーズジョイント
 ・ルーズホール
 ・ルート
 ・ルート間隔
 ・ルート面
 ・ルート割れ
 ・ルーバー
 ・ルーバー照明
 ・ルーフウインドウ
 ・ルーフドレイン
 ・ルーフバルコニー
 ・ルーメン
 ・ルクス
 ・ルスティカ
 ・ルネッサンス建築
    様式
 ・ルミネセンス




 ル−ズジョイント
部材と部材の間、構造物と構造物との間などに意識的に設ける遊びのクリアランスをもつ接合部をいう。

 ル−ズホール
物に物をボルトで取り付ける場合、ボルト穴を楕円などの形状にすること。こうすることにより、微調整のきく取り付けが出来る。「ルーズ孔(あな)」ともいう。

 ルート
@グループ内における母材と母材が最も接近している部分。又はその底。
A隅肉溶接において二つの部材が接する線。

 ルート間隔(ルートかんかく)
グループ内におけるルート面相互の間隔のこと。

 ルート面(ルートめん)
開先底面より向かい合って立上がった面のこと。

 ルート割れ(ルートわれ)
溶接部のルートから発生する割れのこと。

 ルーバー
がらりのこと。細長い羽板を隙間をあけて平行に重ね、日除け・視線遮蔽、照明制御、通風・換気などに使う。羽根は可動のものと固定の物がある。

 ルーバー照明(ルーバーしょうめい)
ルーバーで天井の照明器具の目隠しや、照明からの直接光を和らげ拡散することができる 。

 ルーフウインドー
天窓のこと。通常は、屋根に設け採光に用いる。天窓はその面積の3倍まで有効採光があるものとみなす。「トップライト」と通常は呼ばれることが多い。

 ルーフドレイン
雨水を排水するために屋根に設けられる排水用の金物。取り付け位置により、他にもバルコニードレイン・フロアドレインなどがある。エアコンから排出される結露水などもドレインと呼ばれる。

 ルーフバルコニー
マンションの階下の住戸の屋根部分を利用したバルコニーのこと。

 ルーメン
光束の単位。lmであらわす。

 ルクス
照度の単位。Lxで表す。

 ルスティカ
切石積みの手法。粗石積みのことで、重厚感のある石積みが特徴。主に明治大正時代の洋館に見ることができる。

 ルネッサンス建築様式(ルネッサンスけんちくようしき)
15世紀初期にイタリアで起こり全ヨーロッパに広がった古典主義の建築様式のこと。

 ルミネセンス
電気や光、紫外線などの刺激を受けて発光する現象。蛍光灯はこの原理を応用したもの。「冷光(れいこう)」ともいう。






 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.