ホーム > 用語辞典 > 建築用語辞典 む

  《PR》     


 W-Wallet 建築用語辞典 む


用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

数字

 ・向い唐門
 ・昔畳
 ・無機質壁紙
 ・無機質繊維
 ・無響室
 ・無筋コンクリート
 ・無垢材
 ・起リ
 ・起り破風
 ・起り梁
 ・起り屋根
 ・向う造り
 ・無彩色
 ・虫籠
 ・武者立ち
 ・筵
 ・筵天井
 ・無地
 ・無騒音杭打機
 ・無双四分一
 ・無窓
 ・無窓の居室
 ・無双釘
 ・無双窓
 ・無双連子
 ・六手先
 ・棟折り
 ・棟木
 ・棟包み
 ・棟札
 ・棟持ち柱
 ・棟門
 ・棟壁
 ・棟束
 ・棟
 ・棟上式
 ・棟瓦
 ・棟包み
 ・棟面戸
 ・無節
 ・無目
 ・無釉薬瓦
 ・無釉薬タイル
 ・斑
 ・室床
 

 向い唐門(むかいからもん)
門の正面と背面に唐破風が取り付けられた形式の門。

 昔畳(むかしだたみ)
中世の上流住宅で使用されたといわれる畳のこと。 サイズは6尺5寸×3尺2寸5分となる。

 無機質壁紙(むきしつかべがみ)
珪藻土や蛭石、大理石(寒水石)粒等を化粧層に使用した自然素材の壁紙(クロス)のことで、特に珪藻土を使用したタイプは、調湿性にも優れている。

 無機質繊維(むきしつせんい)
ガラスや金属などの無機(生物系以外の素材)を繊維にしたもの。

 無響室(むきょうしつ)
音の反響が無視できるほど小さい特別の部屋。壁・床・天井に音を吸収する素材を内張りして、残響音を取り除いている。

 無筋コンクリート(むきんコンクリート)
鋼材などで補強されていないコンクリートのこと。捨てコンなどにつかわれる。プレーンコンクリートと呼ぶ場合もある。

 無垢材(むくざい)
純粋で混じりけのない材質のこと。張物をしたり、集成材のように加工したりしたものではなく、その材料だけで出来ていること。「正物(しょうぶつ)」ともいう。

 起り(むくり)
起りと書く。屋根面とか部材などが上方向に湾曲していること。むくり屋根は数奇屋建築の屋根に多く見ることができる。

 起り破風(むくりはふう)
破風板が上方に凸形に反っている破風のこと。「照り破風(てりはふう)」ともいう。

 起り梁(むくりばり)
真っ直ぐな梁ではなく湾曲した梁。小屋梁などに使う。

 起り屋根(むくりやね)
妻側からみて上方に起りがつく屋根。

 向う造り(むこうづくり)
切妻破風はふのある側を正面とした神社本殿様式。春日造り・大社造りなどがある。

 無彩色(むさいしょく)
色の三属性である色相・明度・彩度のうち明度だけをもつ黒・灰・白をいう。

 虫籠(むしこ)
窓の竪格子を防火のために土で塗り込める手法。 「虫籠格子(むしこごうし」「虫籠窓(むしこまど)」ともいう。

 武者立ち(むしゃだち)
樹木の樹形の一つで、根元から数本の幹が立っているものをいう。ツツバキ、アラカシ、コブシなどに見られる。

 筵(むしろ)
藁(わら)などの草で編んだ簡素な敷物。

 筵天井(むしろてんじょう)
蒲(がま)、真菰(まこも)、藤、麻などの材料を蓆に編んだものを用いた天井のこと。 数奇屋建築や茶室に使用されることが多い。

 無地(むじ)
どの面にも筋が無く四方柾目の高品位の柱材などをいう。

 無騒音杭打機(むそうおんくいうちき)
杭を打つ際に、騒音・振動の激しい打撃によることなく、圧入・窄孔などの方式による杭打機の総称。

 無双釘(むそうくぎ)
花入れなどを掛けるために、床の間正面に塗り込んで用いられる釘。稲妻折れ釘の一つ。「無双折れ釘(むそうおれくぎ)」ともいう。

 無双四分一(むそうしぶいち)
掛軸を吊すために床の間の天井回り縁部分に取り付ける細い横木のこと。

 無窓の居室(むそうのきょしつ)
建築基準法に規定されている「窓そのたの開口部を有しない居室」の通称。

 無双窓(むそうまど)
単に「無双」ともいい、幅広の連子子(れんじこ)を竪に取り付け、さらにその内側に付けた同形式の連子の引戸を左右に移動させて開閉する。

 無双連子(むそうれんじ)
板連子の固定したものと移動するものを組み合わせたもの。

 六手先(むてさき)
壁面から前方に六段出ている形式の組み物。

 棟折り(むなおり)
こけら板葺きなどにおいて、棟の両側で屋根を押さえるために用いる板。

 棟木(むなぎ)
屋根の一番高い部分に使用する、タルキの受け材。

 棟束(むなづか)
棟木を支えている小屋束を指す。通常、小屋束は小屋梁の上に立って棟木を支えている。「小屋束(こやづか)」ともいう。

 棟包み(むなづつみ)
@瓦を重ねて棟を包むこと。
A棟を金属板などで包むこと。

 棟札(むなふだ)
棟上げの際、施主・施工者・年月日・工事の由緒などを記して棟木に打ちつける札。棟木に直接書いたもの(棟木銘)もある。

 棟持ち柱(むなもちばしら)
棟木を直接支えない柱。

 棟門(むなもん)
二本の柱とその上部を連結する冠木かぶきで、切妻造りの屋根を支えた平入りの門。公家・武家などの門として用いられた。

 棟(むね)
勾配屋根の面と面がとりあう一番高い部分のこと。

 棟上式(むねあげしき)
上棟式(じょうとうしき)に同じ。工事が安全に滞りなく行われ、建物が無事に完成するよう願うための儀式。建物の構造である梁・柱が組みあがる日(上棟日)に行う。


 棟壁(むねかべ)
建物の屋上やバルコニーの外周部の先端に設けられた低い立ち上がり部分の壁。屋根防水の納まり上、重要な役割を持っている。

 棟瓦(むねかわら)
棟の最上部に載せられる瓦で、伏間瓦(ふすまがわら)、雁振瓦(がんぶりがわら)、冠瓦(かんむりがわら)とも呼ばれる。棟瓦のうち比較的平たいものを伏間瓦、丸形や山形になった背の高いものを冠瓦と呼ぶ場合が多い。

 棟高(むねだか)
地盤面より棟の頂部までの高さ。

 棟包み(むねづつみ)
「むなづつみ」ともいい、雨仕舞のために屋根頂部の棟を覆うもの。

 棟面戸(むねめんど)
軒先から瓦を葺き、最後に棟瓦と接する部分のすきまのこと。

 無節(むぶし)
製材品で節の見えない状態をいう。稀少材のため高価。

 無目(むめ)
開口部で建具の取り付けのために設ける溝のない敷居や鴨居となる部材を。

 無釉薬瓦(むゆうやくがわら)
釉薬を施していない、燻化工程もない瓦。生地そのままを焼き上げる素焼瓦と、原料粘土に発色材料である金属酸化物を練り込み、その発色を利用した練込瓦がある。

 無釉薬タイル(むゆうやくタイル)
タイルの表面に釉薬を施さないで焼く陶磁器タイル。
 
 斑(むら)
仕上がりの面や色合いなどが揃っていないこと。

 斑直し(むらなおし)
塗装工事や左官工事において、色の濃淡、物の厚薄などがあって一様でない状態を手直しすること。

 室床(むろどこ)
室の床(とこ)で、三方の壁および天井の入り隅をすべて壁土で塗りまわしたもの。





 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.