ホーム > 用語辞典 > 建築用語辞典 P

  《PR》     


 W-Wallet 建築用語辞典 P


用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

数字

 ・Pタイル
 ・Pトラップ
 ・PB
 ・PBX
 ・PC
 ・PC鋼線
 ・PL
 ・PLC
 ・POP
 ・PPM
 ・PVC
 ・PS
 ・PS工法
 ・PSL



 Pタイル(ピータイル)
プラスチックタイルの略。塩化ビニル樹脂で出来ていて、耐久性に優れているため
マンションで多用される。

 Pトラップ(ピートラップ)
サイホン式トラップの一種で、封水の安定性に優れているトラップのことをいう。Pト
ラップは、流し、洗面器、床排水などに一般的に用いられている。サイホン式トラッ
プとは、サイホンの作用を起こすための形状で、排水管内を排水が満水状態で流
れるトラップのことをいう。

 PB(ピービー)
プラスターボード(Plaster Board)の略称。焼き石膏にノコ屑やパーライトなどの軽量
材を混入して加圧形成し、両面に厚紙を貼って、作られた板をさす。「石膏ボード
(せっこうボード)」ともいう。

 PBX(ピービーエックス)
事業者などの電話加入者が設置し、外線電話と内線電話および内線電話どうしを
交換・接続する装置。構内交換装置。

 PC(ピーシー)
@Precast Concrete=プレキャストコンクリートの略称。プレハブ工法の一種で、予
め工場で生産しておいた鉄筋コンクリートパネルを現場で組み立てる工法。
APrestress Concrete=プレストレスコンクリートの略称。引張り応力に弱いコンク
リートの欠点を補うために、あらかじめ圧縮応力を加えておき、荷重による応力を
相殺されるようにしたコンクリート。


 PC鋼線(ピーシーこうせん)
プレストレスコンクリート用いられる、高強度鋼材。細いものは、ピアノ線がある。

 PL(プレート)
例えば「PL-9」と記入があれば「プレートの9ミリ厚さ」という意味。手書きなどの図面ではPとLが重なって書かれている場合がるが、同じ意味。

 PLC(ピーエルシー)
Power Line Communicationsの略称。電力線通信と訳される。これは、住宅内の電気配線(電力線)を使い情報データの双方向通信をするもの。電気の通り道(電力線)を通信回路として利用する技術のことで、既存のコンセントに差し込むだけでLANとして使える。

 POP(ポップ)
point of purshase advertistingの略で、購買時点で訴求するための広告のことをい
う。POPは、看板、ショーウインドウ、店内の展示装飾、店頭ポスター、ショーカー
ド、のぼり、横断幕、フラッグ、のれん、コーナーパネル、各種のアイキャッチャーな
どが該当。POPは、「ポップ」とも呼ばれている。

 PPM(ピーピーエム)
割合、比率を表す用語。100万分率。parts per millionの略語。ある量が全体の100万分のいくつを占めるかを表すときに用いる。

 PP分離(ピーピーぶんり)
パブリックスペースとプライベートスペースが分離されている間取りのこと。これにこだわるとプライベートが守られる反面家族の団欒が薄くなる可能性もある。

 PVC(ピーヴイシー)
Poly-Vinyl Chloride ポリビニルクロライド(塩化ビニル)の略。 化学的に非常に安定した素材で耐候性、耐久性に優れているのでメンテナンスが容易。 熱伝導率がアルミの1/1000と断熱性能に優れているため、断熱サッシに良く使用され、北海道などでは一部のメーカーを除いてほとんどがアルミサッシに代わって採用されている。

 PS(ピーエス)
Pipe Space=パイプスペースの略称。ガス、給排水などの設備用の配管類がまと
めてあるスペースのこと。「パイプシャフト」ともいう。

 PS工法(ピーエスこうほう)
プレストレストコンクリート工法によるプレキャスト鉄筋コンクリート造の略称。 中高層住宅用のプレハブ工法として採用される。柱、梁、耐力壁、 床板などはプレキャストコンクリート(PC)部材であり、基礎に定着されたPC鋼棒を緊張して、 プレストレスを導入することで鉛直方向の接合を行う。

 PSL(ピーエスエル)
単板(間伐材)を細長く切断し方向をそろえて成型したもの。軸材料として利用として
利用される。





 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.