ホーム > 用語辞典 > 建築用語辞典 た

  《PR》     


 W-Wallet 建築用語辞典 た


用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

数字

 ・ターニングポイント
 ・ターミナルビル
 ・ターンテーブル
 ・ターンバックル
 ・対
 ・ダイア筋
 ・ダイアフラム
 ・ダイアルゲージ
 ・待庵
 ・第一角法
 ・第一種換気法
 ・第一種住居地域
 ・第一種中高層住居
  専用地域
 ・第一種低層住居専
    用地域
 ・大街区
 ・対角線リブ
 ・太神楽造り
 ・耐火建築物
 ・耐火構造
 ・耐火材料
 ・耐火性能
 ・耐火塗料
 ・耐火被覆
 ・耐火壁(へき)
 ・耐火レンガ
 ・代願
 ・体感
 ・体感温度
 ・大気汚染
 ・大気汚染防止法
 ・大規模な修繕
 ・大規模な模様替え
 ・大規模の建築物
 ・大鋸
 ・大工
 ・大工手間
 ・耐候性
 ・耐候性鋼板
 ・大虹梁
 ・太鼓落とし
 ・大黒柱
 ・太鼓羽目
 ・太鼓張り
 ・大三角法
 ・第三紀層
 ・第三種換気法
 ・大社造り
 ・耐震壁
 ・耐震改修
 ・耐震構造
 ・耐震診断
 ・台子
 ・ダイズ
 ・耐水合板
 ・耐水材料
 ・大スパン構造
 ・堆積岩
 ・大栓
 ・駄板
 ・大内裏
 ・大地測量
 ・大中角
 ・大斗
 ・大斗肘木
 ・台直し
 ・タイニア
 ・第二種換気法
 ・第二種低層住居専
  用地域
 ・第二種住居地域
 ・第二種中高層住居
  専用地域
 ・ダイニングキッチン
 ・耐熱塗料
 ・ダイバック工法
 ・台檜
 ・大仏殿
 ・大仏様
 ・大瓶束
 ・台目
 ・台目畳
 ・台目床
 ・対面式キッチン
 ・対面所
 ・ダイヤ筋
 ・ダイヤモンドカッター
 ・タイヤローラー
 ・太陽高度
 ・太陽光発電
 ・太陽方位角
 ・内裏
 ・代理
 ・大理石
 ・対流暖房
 ・耐力壁(へき)
 ・耐震改修
 ・耐震構造
 ・耐震診断
 ・台子
 ・ダイズ
 ・耐水合板
 ・耐水材料
 ・大スパン構造
 ・堆積岩
 ・大栓
 ・駄板
 ・大内裏
 ・大地測量
 ・大中角
 ・大斗
 ・大斗肘木
 ・台直し
 ・タイニア
 ・第二種換気法
 ・第二種住居地域
 ・第二種中高層住居専
   用地域
 ・第二種低層住居専用
   地域
 ・ダイニング
 ・耐熱塗料
 ・ダイバック工法
 ・台檜
 ・大仏様
 ・大仏殿
 ・大瓶束
 ・大目
 ・大目床
 ・対面式キッチン
 ・対面所
 ・ダイヤ筋
 ・ダイヤモンドカッター
 ・タイヤローラー
 ・太陽高度
 ・太陽光発電
 ・太陽方位角
 ・内裏
 ・代理
 ・大理石
 ・対流暖房
 ・耐力壁
 ・対隣壁
 ・タイル
 ・タイルカーペット
 ・タイル先付工法
 ・タイル割り
 ・台輪
 ・田植え
 ・ダウンタウン
 ・タウンハウス
 ・ダウンライト
 ・高さ制限
 ・多角測量
 ・鏨
 ・高羽目板
 ・高塀造り
 ・高窓
 ・高床
 ・抱き足場
 ・抱き納り
 ・濁食
 ・宅地
 ・宅地開発指導要綱
 ・宅地造成規制法
 ・宅地建物取引業
 ・宅地建物取引主任者
 ・ダクト
 ・ダクトスペース
 ・竹稲子
 ・竹垣
 ・打撃法
 ・打撃式杭打機
 ・竹小舞
 ・筍面
 ・筍杢
 ・蛸
 ・多彩模様塗料
 ・出し桁
 ・出し梁
 ・ダストシュート
 ・打設
 ・多雪地域
 ・多層溶接
 ・たたき
 ・たたき土
 ・叩き鑿
 ・畳
 ・畳表
 ・畳床
 ・畳縁
 ・畳寄せ
 ・畳割り
 ・立上り
 ・立上り管
 ・立入り検査
 ・立下り管
 ・塔頭
 ・建端
 ・タップ
 ・竪穴式住居
 ・竪穴区画
 ・建入れ
 ・建入れ直し
 ・建売住宅
 ・建方
 ・竪框
 ・建具金物
 ・建具工事
 ・建具表
 ・建具枠
 ・竪子
 ・縦猿
 ・建込み
 ・竪桟
 ・建地
 ・縦軸回転窓
 ・縦繁障子
 ・縦墨
 ・建付け
 ・建坪
 ・竪樋
 ・立て鈎継ぎ
 ・竪羽目板張り
 ・建前
 ・点前畳
 ・竪間渡し竹
 ・立向き溶接
 ・多塔形式
 ・棚足場
 ・棚板
 ・谷
 ・谷風
 ・谷木
 ・谷樋
 ・谷面戸
 ・種石
 ・田の字形
 ・束ね柱
 ・ダブルサッシ
 ・ダブルシンク
 ・ダブルTスラブ
 ・ダブル配筋
 ・だぼ
 ・多宝塔
 ・玉石
 ・玉掛
 ・玉掛作業者
 ・ダミー
 ・ダムウェーター
 ・ダムコンクリート
 ・駄目
 ・垂木
 ・垂木掛け
 ・垂木割り
 ・樽栓
 ・垂れ壁
 ・タワークレーン
 ・たわみ
 ・たわみ角法
 ・丹
 ・単位細骨材容積
 ・単位水量
 ・単位粗骨材量
 ・単一圧縮材
 ・単一材
 ・単一柱
 ・単一梁
 ・単価請負
 ・単管
 ・単管足場
 ・短期応力度
 ・短期荷重
 ・短期許容応力度
 ・単筋梁
 ・だんご貼り
 ・短冊金物
 ・単純梁
 ・単床
 ・暖色
 ・弾性
 ・弾性係数
 ・弾性限度
 ・弾性変形
 ・鍛接
 ・炭素アーク溶接
 ・単層門
 ・断続隅肉溶接
 ・単体規定
 ・短柱
 ・タンデムローラー
 ・単塔形式
 ・断熱材
 ・タンパー
 ・ダンパー
 ・単板
 ・タンピングローラー
 ・タンピングスイッチ
 ・暖房負荷
 ・ダンマル
 ・断面図
 ・断面二次モーメント




 ターニングポイント
レベル測量において、高低差が大きい場合や中間に障害物があって直接視準できないときに、観測点間に設ける補助測点。「盛替え点(もりかえてん)」ともいう。

 ターミナルビル
@付近に設けられ、買い物・食事・宿泊など多目的に利用される建物。
A空港で、航空管制・通信・税関など種々の施設を設けた建物

 ターンテーブル
立体駐車場駐車場などで、車の向きを転換するために床に設けられた円形の機械
装置。

 ターンバックル
鉄筋の筋交やワイヤーロープなどの緊張用金具のこと。両端に取付けられたネジ棒によって、締めたり緩めたりすることができる。

 対(たい)
対屋(たいや)の別称。
 ダイア筋(ダイアきん)
鉄筋コンクリート造において、端の主筋を固定するために、対角線の方向に配置された補助筋。帯筋(フープ筋)数段ごとに交互に入れる。

 ダイアフラム
ボックス型断面などの閉断面部材に曲げやねじれに対する補強材として山部に配置する板をいう。

 ダイアルゲージ
微小な長さや変位を精密に測定する計器。測定する物に当てた測定心棒のわずかな動きが歯車を利用して拡大され、指針が目盛りを指し示す。ふつう一目盛りが0.01ミリで、0.001ミリのものもある。「ダイヤルゲージ」ともよぶ。

 待庵(たいあん)
京都府乙訓(おとくに)郡大山崎(おおやまざき)町の禅刹(ぜんさつ)・妙喜庵(みょうきあん)(東福寺末寺)にある国宝の茶室のこと。

 第一角法(だいいっかくほう)
物体を第一象限に置き、画面に正投影をして描く方法。

 第一種換気法(だいいっしゅかんきほう)
給排気とも機械で換気する方法。

 第一種住居地域(だいいっしゅじゅうきょちいき)
住居の環境を保護するための地域で、建築物の容積率、敷地面積の最低限を定めている。

 第一種中高層住居専用地域だいいっしゅちゅうこうそうじゅうきょせんようちいき
中高層住宅にかかる良好な住居の環境を保護するための地域で、建築物の容積率、建蔽率、敷地面積の最低限度を定めている。

 第一種低層住居専用地域(だいいっしゅていそうじゅうきょせんようちいき)
低層住宅にかかる良好な住居の環境を保護するための地域で、建築物の容積、建蔽率、外壁の後退距離の限度、敷地面積の最低限度、建築物の高さの限度を定めている。

 大街区(だいがいく)
既存の数街区をまとめて一つの街区として計画した住区や商業地区。人間の歩行圏を基本とし、通過交通を周辺街路で止めて地区内を独立させ、クル・ド・サック (行止り道路) や地下道,橋などで内部への車サービスを行うことにより、人の領域と車の領域を明確に分けている。そのほか、歩道のネットワークでいくつかの中心地区を結び、あるいはオープン・スペースを積極的に生み出し、組入れる方向をとる。

 対角線リブ(たいかくせんリブ)
リブヴォールトにおいて、対角線上に柱へ補強を目的としてかけ渡されるアーチ。

 太神楽造り(だいかぐらづくり)
通柱を用いずに管柱のみ用いて二階建てにしたもののこと。

 耐火建築物(たいかけんちくぶつ)
壁、柱、床、梁、屋根などの主要構造部が一定の耐火性能を有した建築物を「耐火建築物」という。一般的には、鉄筋コンクリート造、レンガ造、コンクリートブロック造などの建物で、分譲マンションなどがこれに当たる。また、外壁の開口部で延焼の恐れがある部分には、防火戸その他の防火設備を備えなければならない。

 
 耐火構造(たいかこうぞう)
主要構造部の部位ごとに一定時間の火熱に耐える耐火性能を有する構造として国土交通大臣が指定したものなどのこと。

 耐火材料(たいかこざいりょう)
高熱に耐えうる材料。耐火煉瓦(れんが)・耐火粘土・耐火モルタルなど。

 耐火性能(たいかせいのう)
室内火災に対する材料・部材、建物などの耐久性や安全性。等級区分により性能が表示される。

 耐火塗料(たいかとりょう)
250℃程度の温度で塗膜の発泡が起り、290〜300℃で断熱層を形成する鉄骨用発泡型断熱有機質系塗料。

 耐火被覆(たいかひふく)
柱、梁の鉄骨等を火災から守るためにモルタルやロックウールなどによる被覆のこと。 必要な耐火時間が建物用途や階数などにより定められている。

 耐火壁(たいかへき)
鉄筋コンクリート造、鉄骨テキンコンクリート造、厚さ7.5センチ以上のALC板などで造られたもので所定の耐火性能を有するもの。

 耐火レンガ(たいかレンガ)
高温度のもとで溶融しにくい非金属材料のうち、使用に便利なように一定の形に成形したもの。粘土質系、カーボン系など多種にわたる。

 代願(だいがん)
実際には工事に何も関わっていないのに、建築確認申請書に設計・監理として名前
を貸して、建築士が申請手続きを行うこと。

 体感(たいかん)
体に受ける暑さ寒さなどの感じ。

 体感温度(たいかんおんど)
からだに感じる暑さ・寒さなどの度合いを数量で表したもの。気温のほか風速・湿度・日射なども関係する。実効温度・不快指数などがある。

 大気汚染(たいきおせん)
人間の生産活動・消費活動によって大気が汚染され、生態系や人間の生活に悪影響が生じること。二酸化炭素、二酸化硫黄、各種の窒素酸化物、鉛などの各種の金属、オキシダント、核分裂生成物などが原因となる。

 大気汚染防止法(たいきおせんぼうしほう)
工場などから生じる煤煙(ばいえん)や自動車の排気ガスなどを規制し、大気汚染を防止するとともに、被害が発生した場合の事業者の損害賠償責任について定めている法律。昭和43年(1968)施行。

 大規模な修繕(だいきぼなもしゅうぜん)
主要構造部(壁、柱、床、はり、屋根または階段)の一種以上について行う過半の修
繕をいう。

 大規模な模様替え(だいきぼなもようがえ)
主要構造部(壁、柱、床、はり、屋根または階段)の一種以上について行う過半の模
様替えをいう。

 大規模の建築物(だいきぼのけんちくぶつ)
高さが9m、または軒の高さが9m、または延べ面積が3000uを超える建築物のこと。

 大鋸(だいきり)
玉切り用板状鋸(二人使いヨコ挽き)のこと。

 大工(だいく)
主として木造建造物の建築・修理を行う職人のこと。木造建築にあっては、古くは建築技術者の職階を示し、木工に限らず各職人を統率する長、または工事全体の長となる人物をさしていた。

 大工手間(だいくてま)
木造の工事に関わる大工の手間賃のこと。床面積(人工(にんく)/坪、人工/m2)や、使用木材の立米(りゅうべい)数(人工/m3)などを単位の目安とし、建物当たりにどの程度の手間を必要とするかの延べ人数を算出する。

 耐候性(たいこうせい)
建築材料を屋外で使用する際の耐久性。太陽光・風雨・温度変化などに対し、変質や劣化を起こしにくい性質。

 耐候性鋼板(たいこうせいこうはん)
合金元素により、表面に安定した酸化皮膜を形成する鋼板のこと。

 大虹梁(たいこうりょう)
二重虹梁の場合に、下方の大きい方をさしていう語。

 太鼓落し(たいこおとし)
杣角(そまかく)の一種で丸太の対向する二面を削(はつ)るか製材した木材のこと。 杣角とは山から切り出した材木を、斧(おの)で荒削りしただけの角材をさす。日本農林規格では、幅によって大中小に分けられる。

 大黒柱(だいこくばしら)
民家の土間と床との境の中央に立てる、特に太い柱。また、建物の中央に最初に立てる柱のこと。

 太鼓羽目(たいこはめ)
両面を板張りにした羽目(板を平らに張ったもの)のこと。

 太鼓張り(たいこばり)
.太鼓張り障子、太鼓張り襖(ふすま)、フラッシュ戸などがあり、下地になる骨組の両側に紙や板を張り、中空の版構造をつくる技法のこと。

 第三角法(だいさんかくほう)
.製図で用いられる正投影図法の一つで、通常は、正面・平面・側面の三面図で構成されている。正投影図法とは、立体を平面上に表す方法の一つで、物の形状を正確に表すことができる長所がある。この三面図の配置の仕方によって第三角法は、第一角法と区別される。

 第三紀層(だいさんきそう)
.第三紀(約6400万年から170万年前)に形成された地層。主に泥岩・砂岩で構成され、支持地盤となる。

 第三種換気法(だいさんしゅかんきほう)
.排気は機械、給気は自然給気とする方法。

 大社造り(たいしゃづくり)
.神社本殿様式の一。正面二間、側面二間、高床、切妻造り、妻入り。中央に柱があるため入り口は正面に向かって一方に片寄る。屋根は檜皮葺ひわだぶき、棟には千木・鰹木かつおぎをのせる。出雲大社本殿が代表例。

 耐震壁(たいしんかべ)
 地震の時、構造的に有効な壁。鉄筋コンクリート製・鋼板製などがある。 一般的にに柱や梁に囲まれた壁で、地震力などの水平荷重を負担する。

 耐震改修(たいしんかいしゅう)
既存の不適格な建物や強度不足、自発的な構造補強などを目的として、部材・フレームの補強、制振ダンパー、耐力壁、ブレースなどの付け加え、免震化などの処置を施し、耐震性能を向上させる処置をいう。最近非常に増えてきた。

 
 耐震構造(たいしんこうぞう)
地震の揺れに抵抗できる要件(強度と粘り(変形性能))を満たすようにつくられている建物の構造。建築や土木の構造物は、自分自身の重量や、床、梁(はり)、桁(けた)などに積載される荷重を支える以外に、地震や風、雪などによって生ずる自然の外力に対しても安全でなくてはならない。とくに地震の多い日本では、地震時に構造物に生ずる応力が他の外力よりもかなり大きいのが一般的で、したがって大地震に十分に耐えうるように設計・施工される必要があるが、こうした配慮の下につくられる構造を耐震構造とよんでいる。

 
 耐震診断(たいしんしんだん)
地震に対して建物の安全性を評価すること。

 台子(だいす)
茶道の点前に用いる茶道具で、水指など他の茶道具を置くための棚物の一種で多種あり。

 ダイズ
雄ねじを切り込むために用いられる工具。

 耐水合板(たいすいごうはん)
耐水性に優れた合板。要求される耐水性能によって、一類、二類、三類合板に分類できる。

 
 耐水材料(たいすいざいりょう)
レンガ、石、コンクリート、アスファルト、タイル、ガラスなどのような、水に対して抵抗力のある材料。

 
 大スパン構造(たいスパンこうぞう)
柱など支点の間隔を大きくとった構造系のことをいう。

 
 堆積岩(たいせきがん)
地表条件下で堆積作用によって形成された岩石の総称。地上部の岩が風化や崩落で湖底に堆積して出来た岩のこと。

 大栓(だいせん)
けやき、かしなどの堅木材を使用して、仕口、継手を緊結するために貫通穴に打ち込む込み栓のこと。

 駄板(だいた)
こけら板の別称。

 大内裏(だいだいり)
古代、天皇の居所である内裏と政府諸官庁の置かれた一区画。平城京・平安京などでは都城内の北部中央に位置する。平安京大内裏の規模は東西約1164メートル、南北約1394メートル。

 大地測量(だいちそくりょう)
地球の曲面を考慮して行う広い測量。

 大中角(だいちゅうかく)
製材した角材であるが,一定の規格は定められていない。米材では通常四角の一辺の長さが18インチ(46cm)以上を大角,18インチ未満で10インチ(25cm)以上のものを中角と呼ぶが,取引に際しては大中角として一括されている。

 大斗(だいと)
社寺建築のときようにおける最も大きな斗。柱のすぐ上にあって、大斗肘木ひじきや三斗を受ける。

 大斗肘木(だいとひじき)
社寺建築の斗?の一形式。大斗の上に肘木を置き、これで直接丸桁がぎようを受けるもの。

 台直し(だいなおし)
@鉄筋コンクリートの工事で柱の主筋の位置が正規の位置からずれている場合、
正規の位置に戻す行為。
A鉋台(かんなだい)の下面を直すこと。

 タイニア
ギリシア・ローマ時代などの古典建築において,アーキトレーブとフリーズとの間にあ
る細い水平帯状の刳形 (くりかた) 。

 第二種換気法(だいにしゅかんきほう)
給気は機械、排気は自然排気とする方式の換気。

 第二種住居地域(だいにしゅじゅうきょちいき)
住居と店舗、事務所等の併存を許容する、住環境を保護するための地域で、建築物の容積率、敷地面積の最低限度を定めている。

 第二種中高層住居専用地域(だいにしゅちゅうこうそうじゅうきょせんようちいき)
日常生活の利便から中規模店舗等の立地を許容する、中高層住宅にかかる良好な住居環境を保護するための地域で、建築物の容積率、建蔽率、敷地面積の最低限を定めている。

 第二種低層住居専用地域(だいにしゅていそうじゅうきょせんようちいき)
小規模な日用品販売店舗等の立地を許容する中高層住宅にかかる良好な住居の環境を保護するための地域で、建築物の容積、建蔽率、敷地面積の最低限度、建築物の高さの限度を定めている。

 ダイニングキッチン
食事室と台所を兼ねた空間で、広さは6畳以上をいう。

 耐熱塗料(たいねつとりょう)
100から600℃の高温でも性能が劣化しない塗料でシリコン系のものが多い。

 ダイバック工法(ダイバックこうほう)
土工事で山留め壁の背面に設けられたアンカーに腹起しを緊結し、山留め壁を支持する工法。

 台檜(たいひ)
台湾檜の略称。日本の檜と同様に独特の香りがある。日本の檜の代替品として使用される。

 大仏殿(だいぶつでん)
寺院建築において、丈六(4.8m)以上の大き仏像を安置するために設けられた建築
物の総称。代表例は奈良県の東大寺大仏殿。

 大仏様(だいぶつよう)
鎌倉初期に東大寺再建のため俊乗坊重源が宋の様式を取り入れて始めた寺院建
築様式。指肘木さしひじき・貫ぬき・化粧屋根裏・扇垂木などを主な特徴とする。兵
庫県小野の浄土堂、東大寺南大門はその代表例。

 大瓶束(たいへいづか)
建築で、形が瓶子へいしに似た装飾的な束。普通、虹梁こうりようの上に用いられ、
下部に結綿ゆいわたという彫刻がある。

 台目(だいめ)
茶室の畳で、普通の畳の約4分の3の大きさのもの。台子(だいす)と風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)を置く分を切り捨てた寸法に由来する。

 台目畳(だいめだたみ)
茶室において使用される、1畳の畳から台子の巾と屏風の厚みを切った大きさの畳のこと。6尺3寸-1尺4寸-1寸=4尺8寸(基準寸法)

 台目床(だいめどこ)
床の間 の大きさによる床の種類わけで、台目畳の大きさの床の間をいう。大目ともかく。

 対面式キッチン(たいめんしきキッチン)
キッチンの前面がカウンターになっており、リビングやダイニングに対面する形で作業できる開放感的なキッチンタイル。作業中も家族と対話しながらできるのが人気。ほかに1列に並べたI型、ワークトップの形から名が付いたL型、U型などがある。

 対面所(だいめんじょ)
室町から江戸時代にかけての武家屋敷や寺院において、来客を応接するために設けれた建築物。

 ダイヤ筋(ダイヤきん)
柱の主筋を固定するために対角線状に配される鉄筋のこと。「筋交い筋(すじかいきん)」「ダイアゴナルフープ」「対角筋(たいかくきん)」ともいう。

 ダイヤモンドカッター
コンクリートや鉄板などを切断するために、先端にダイヤモンドを取り付けたカッター。

 タイヤローラー
地盤を填圧するために用いられる、工事車輌で、空気タイヤが数多く装着されている。自走式と牽引式とある。

 太陽高度(たいようこうど)
地表面と太陽のなす角度。

 太陽光発電(たいようこうはつでん)
太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式。「ソーラー発電」とも呼ばれる。

 太陽方位角(たいようほういかく)
真南と太陽の方向をなす角度。

 内裏(だいり)
天皇の住居としての宮殿。大内裏の中にある。皇居。

 代理(だいり)
賃貸住宅の取引形態としていう場合、貸主の代理人として不動産会社などが借り手
の募集や契約手続きを行うことをいう。契約が成立した場合、仲介手数料が発生す
ることもある。

 大理石(だいりせき)
石灰岩が熱変成作用を受けて再結晶し、粗粒な方解石や苦灰石(ドロマイト)の結晶の集合体となった岩石のこと。色や模様がいろいろで、きめが細かく、研磨すると美しい光沢をもつという性質があり、硬度も低く加工して利用しやすいのが特長。石灰岩や蛇紋岩などがある。

 対流暖房(たいりゅうだんぼう)
暖房器具が暖かい空気を吐き出してその空気を循環させることにより部屋を暖める暖房。暖房により「空気」を暖める。輻射式暖房と比較して、部屋全体を暖める能力が高い。一方で、壁や床などを暖める能力は低いため、部屋の温度があがっても体感温度は低く感じてしまう。

 耐力壁(だいりょくかべ)
建物の荷重と水平力の地震力・風圧とに耐える、構造的に重要な壁体のこと。間仕切り壁のような構造的耐力のない壁に対して用いる。「たいりょくへき」ともよぶ。
 
 対隣壁(たいりんへき)
補強コンクリートブロック造などにおける、隣り合ってT型に相対する二つの壁。

 タイル
微粉砕した粘土や長石などを調合・成形した素地に施釉・焼成したもののこと。


 タイルカーペット
ナイロン樹脂加工で角状・ロール状の床仕上材。

 タイル先付け工法(タイルさきづけこうほう)
躯体が打ち終わる前にタイルを張付ける方法。 
@タイルの接着が確実
A白華の発生が防止できる
B工程の短縮ができる
C工程の簡略化、職種の減少がはかれるなどの長所がある。


 タイルシート法(タイルシートほう)
躯体が打ち終わる前にタイルを張付ける一方法で、タイルをユニットにし、それをコンクリートに打設。最後に枠をはずす張り方。タイルの配列固定の能率が高いが、建物の形状によってはユニットの種類が多くなり、不経済な場合ある。

 タイル割り(タイルわり)
仕上がりが美しくなるように、タイルの配置をきめること。この図をタイル割り付け図という。

 台輪(だいわ)
2階の官柱(くだばしら)の下部を支える水平材、付け書院、ささら戸袋の上部に取り付ける水平材など、ものの上、もしくは下にある平たい横木で、上にあっては下のものにかぶる部材、下にあっては上に載るものを支える部材をいう。

 田植え(たうえ)
コンクリート打設後、硬化する前に、アンカーボルトや差し筋などを、その場あたりに差し込んでいくこと。

 ダウンタウン
下町や商業地区。

 タウンハウス
共用の庭をもつもの隣接住宅と壁を共有する連棟型の低層集合住宅のこと。

 ダウンライト
天井埋め込み型の照明器具をいい、器具はほとんど見えないので天井がスッキリし
て見える。

 高さ制限(たかさせいげん)
位置、高さを求める測量で、測点間の測定方法は三角測量と同様である。描く多角形には「閉合トラバース」や「開放トラバース」があり、三角点などの高い精度を持つ2つの基準点を結ぶものを「結合トラバース」と呼ぶ。最も精度が高いのが結合トラバースで「トラバース測量」ともよぶ。

 多角測量(たかくそくりょう)
位置、高さを求める測量で、測点間の測定方法は三角測量と同様である。描く多角形には「閉合トラバース」や「開放トラバース」があり、三角点などの高い精度を持つ2つの基準点を結ぶものを「結合トラバース」と呼ぶ。最も精度が高いのが結合トラバースで「トラバース測量」ともよぶ。

 鏨(たがね)
工具の一種。木工用の鑿 (のみ) に似たもので金属の加工に用いられる。ハンマーでたたきながら平面を削ったり薄い材料を切断したりする平鏨,溝や穴を削る烏帽子鏨のほか,特殊な細工用鏨など種類が多い。

 高羽目板張り(たかはめいたばり)
1m以上高い部分に、板を垂直に張って仕上げたもの。

 高塀造り(たかへづくり)
急な勾配の藁葺(わらぶ)き屋根の両妻部分を瓦葺きにして、一段低く緩勾配の屋根を設けたもので、奈良県・大阪府河内地方・三重県伊賀地方で行われた民家の一形式。

 高窓(たかまど)
採光をおもな目的として外壁に設けられる窓で、人間の目の位置より高いものの総称。

 高床(たかゆか)
床高の高い建物。弥生時代に穀物の倉庫として建てられた。

 抱き足場(だきあしば)
敷地境界と建物との間が狭い場所の外部足場などに用いられる足場。

 抱き納まり(だきおさまり)
コンクリート外壁のサッシの納まりで、開口部の壁厚の室内側に欠き込み、その部分にサッシを納めて、外部コンクリートがサッシ枠を囲むような納まりのこと。

 濁色(だくしょく)
純色に白及び黒を同時に混ぜて作った色のこと。

 宅地(たくち)
@ 建物の敷地。建物を建てるための土地。
A 地目の一。建物の敷地として登記された土地。

 宅地開発指導要綱(たくちかいはつしどうようこう)
宅地開発、住宅建設に伴う地方公共団体の財政負担の軽減や良好な都市環境の整備を目的として制定された行政指導の指針。 1967年に兵庫県川西市で制定されたものが日本最初の本格的な指導要綱である。

 宅地造成規制法(たくちぞうせいきせいほう)
宅地造成に伴いがけくずれ等のおそれが著しい市街地等の区域内において、宅地
造成に関する工事等について災害の防止のための必要な規制を行うことを目的と
した法律のこと。 宅造(たくぞう)などと略して呼ぶことが多い。

 宅地建物取引業(たくちたてものとりひきぎょう)
宅地・建物の購入者の利益の保護と宅地・建物の流通の円滑化を図ることを目的とする法律(1952年)。1971年大幅な改正が行われ現行法となった。その内容は,宅地建物取引業者は免許制とし、事業者の事務所ごとに宅地建物取引主任者試験合格者をおくこと、営業保証金供託を義務づけ、誇大広告の禁止、取引主任者証を提示した上での重要事項の説明と説明書の交付、クーリング・オフ等の諸規定を決め、不正行為に対しては免許の取消し、業務停止の監督規定やその他罰則を定める。

 宅地建物取引主任者(たくちたてものとりひきしゅにんじゃ)
宅宅地建物取引主任者資格試験に合格し、試験を実施した都道府県知事に登録手続きを行い、かつ宅地建物取引主任者証の交付を受けた者を「宅地建物取引主任者」という。宅地建物取引主任者の主な業務には、重要事項の説明、重要事項説明書への記名押印、そして契約書への記名押印の3つがある。。また、宅地建物取引業者は、事務所ごとに従事者5人に対して1人以上の割合で、専任の宅地建物取引主任者を置くことが義務付けられている。
 ダクト
冷暖房・換気・排気などのための空気の通路となる導管。また、ガスや水の通るパイプをまとめて配管する筒状の場所にもいう。

 ダクトスペース
ダクトが通す空間一般をいう。ダクトが階に渡っている場合には、貫通部廻りの穴埋
めやダクトを取り巻く壁などを耐火で囲ったりする必要が生じる場合もある。略場合
は「DS(でぃえす)」と表記する。

 竹稲子(たけいなご)
竹で作られた稲子。

 竹垣(たけがき)
竹を材料として造った垣の総称で建仁寺垣、四つ目垣、光悦寺垣、龍安寺垣、大徳寺垣等がある。

 打撃法(だげきほう)
既成コンクリート杭や鋼杭を地盤に設置する方法として、ディーゼルパイルハンマーやドロップハンマーにより杭を打撃して杭の支持力を得る工法のこと。

 打撃式杭打機(だげきしきくいうちき)
ドロップハンマーやディーゼルハンマーなどを用いて杭を地中に打ち込む形式の建設機械。

 竹小舞(たけこまい)
土塗り壁の下地に使う細い竹のこと。伝統的な和風建築の壁のひとつである土壁の下地に使う細かく割った竹のことで、柱に小さな穴をあけ、小舞竹といわれる割竹を横に30cm感覚で縦横に囲がたに渡す。さらにその中を3〜4cmの感覚で古小舞竹と呼ばれるわった竹をを交差するように組む。小舞竹と小舞竹の交差する部分はワラや棕櫚(しゅろ)縄で巻く。こうしてできた下地に粘土とワラすさを混ぜてねかしたものを塗り付けたのが荒壁で、さらに土で上塗りして土壁を完成させる。土蔵などの塗りが厚い壁の場合は、竹の代わりに木を用いることもある。その場合は 木小舞と呼ばれる。現代では一般住宅では殆ど使われなくなってきている。

 筍面(たけのこづら)
円形の柱の下端の削りこんだ面。三角形の形の文様が浮かぶことからこの言葉がある。

 筍杢(たけのこもく)
筍を縦に切ったときの断面のような形状をした杢のこと。中央が山形になった代表的な均整の取れた美しい板目の杢(もく)。「山杢(やまもく)」ともいう。

 蛸(たこ)
土や割栗石を突き固めや杭の打ち込みに使われる木製の道具。

 多彩模様塗料(たさいもようとりょう)
仕上りが単色でない塗料で、1つの缶の中に数色が混じらずに存在しているものと、別々の缶に入った2色の塗料を同時に吹き付け塗装することが前提にされているものの2種類がある。

 出し桁(だしげた)
庇などの垂木を支えるために、腕木・出し梁などの先端の上に取り付けられた桁。「出桁(でげた)」ともいう。

 出し梁(だしばり)
小屋梁を柱より外側へ突き出した形式のもの。

 ダストシュート
ごみを垂直な筒によって落下させ、その下部にためる装置のこと。

 打設(だせつ)
建築材のコンクリートを、枠の中に流しこむこと。打ち込みなどともいう。

 多雪地域(たせつちいき)
積雪量が多く、長期間根雪がある地域のこと。

 多層溶接(たそうようせつ)
ピードを何層も重ねて行う溶接のこと。

 たたき
たたき土(つち)(叩き土、敲き土、三和土(たたき))で仕上げた土間のこと。

 たたき土(たたきつち)
花崗岩や安山岩などが風化して可溶性珪酸に富む土。

 たたき鑿(たたきのみ)
玄能や木槌などで叩いて用いられるのみ。

 畳(たたみ)
藁を糸でさしかためた床(とこ)に、藺草で編んだ表をつけ家の床上(ゆかうえ)に敷きもの。


 畳表(たたみおもて)
藺草(いぐさ)の茎などと麻糸とで織ったござのことで、畳の表につける。産地により備後(びんご)表・琉球表などがある。

 畳床(たたみどこ)
畳の台となるもの。藁のみを使用する藁床[わらどこ]、藁の間にポリステレンフォームなどを挟んだサンドイッチ畳床(または化学畳床)、藁をまったく使わない建材畳床の3種類がある。

 畳縁(たたみべり)
畳表の長辺側を畳床に固定するために縁取るように縫い付ける布。布の種類は綿、麻、絹、化学繊維など。黒・茶・紺などの無地縁、大小の文様が付いた柄縁がある。

 畳寄せ(たたみよせ)
壁と床との取り合いに、畳面と上端が平らになるよう取り付ける細い横木のこと。

 畳割り(たたみわり)
畳の寸法を基準にする平面計画のことで、基準寸法の畳数によって部屋内の柱内法寸法を割り出し、その外側に柱を配置させて桂間寸法を決定する。

 立上り(たちあがり)
水平面や斜面から折れ曲がって垂直に上がること、または、その部分及び寸法。

 立上り管(たちあがりかん)
給水設備における上水や、空調設備における冷温水などが上向きに流れる管。

 立入検査(たちいりけんさ)
建築主事または特定行政庁の命令もしくは、建築主事の委任をうけた吏員が、確認・検査・命令などを行うために、当該建築物の敷地や工事現場に立入り、検査すること。

 立下り管(たちさがりかん)
給水設備における上水や、空調設備における冷温水などが下向きに流れる管。

 塔頭(たちゅう)
@禅宗寺院で開山または住持の死後、弟子が遺徳を慕ってその塔の頭ほとり、あるいは同じ敷地内に建てた小院。
A 大寺の山内にある末寺。

 建端(たっぱ)
建物の高さを表すときに使う言葉。階高、軒高、或いは建物の最高の高さをいう。

 タップ
@雌めねじを切る工具。雌ねじ切り。
A鍛造作業に用いる工具。上下一対の金型で、たたいて丸棒・角棒などの延ばし作業に用いる。

 竪穴区画(たてあなくかく)
建築物内部の垂直方向に連続する空間に対して、火災時における急速な延焼拡大の防止と避難の安全確保を図るため、準耐火構造の床、壁または遮煙性能を有する防火設備で区画することが定められている。

 竪穴式住居(たてあなしきじゅうきょ)
地面を数十センチ掘り下げた面を床とする半地下構造の家。日本では縄文時代・弥生時代に盛んで、古墳時代以降しだいに消滅した。アジア・アメリカの寒冷地帯では最近まで使用。竪穴式住居。

 建入れ(たていれ)
 建物の軸部・型枠・建具などの垂直の程度のこと。建ちのこと。

 建入れ直し(たていれなおし)
軸組み(骨組み)の建て方が完了したあと、斜材などを用いて軸組みのひずみ直しを行うこと。

 建売住宅(たてうりじゅうたく)
不特定多数の人々を対象に建てられ、販売される住宅。

 建方(たてかた)
鉄骨工事や木工事で、柱や梁などの部材を組み上げていく工事のこと。

 縦框(たてがまち)
戸・障子など建具の左右両側に取り付けてある縦の枠。

 建具金物(たてぐかなもの)
建具の取り付けや開閉に必要な蝶番ちようつがい・錠・引き手などの金属部品。

 建具工事(たてぐこうじ)
工作物に木製又は金属製の建具等を取付ける専門工事。金属製建具取付け工事、サッシ取付け工事、金属製カーテンウオール取付け工事、シャッター取付け工事、自動ドアー取付け工事、木製建具取付け工事、ふすま工事などがある。

 建具表(たてぐひょう)
建具の形状・大きさ・材質・仕上げなどwを一覧表にして描いた図面。

 建具枠(たてぐわく)
建具を取り付けるために、建具の四周に取り付けられている枠。両側の縦枠と上下枠で構成されている。

 竪子(たてこ)
格子や障子などの縦の組子のこと。

 縦猿(たてざる)
戸締まりのために取り付けれる猿のうち、縦方向に動くもの。

 建込み(たてこみ)
型わく・支保工・鉄筋などを現場で組み立てる作業や鉄骨などの骨組みを所定の位置に組み立てることなどを意味すること。

 竪桟(たてざん)
戸の縦がまちに平行についている桟のこと。

 建地(たてじ)
足場・竹矢来・仮板囲いなどの柱のこと。
 
 縦軸回転窓(たてじくかいてんまど)
枠上下の中心部分の回転軸を縦に回転させてガラス部分を動かす縦軸回転窓、枠左右の中心部分を横に回転させてガラス部分を動かす横軸回転窓がある。密閉性が高く、気密性や水密性を要求される部位に最適。ガラスふきも容易。ただ、縦軸回転窓は降雨時に開閉すると雨水を呼び込むことも。網戸やカーテン、ブラインドとの納まりが悪いため住宅に利用されることは少ない。コスト面では高価。複層ガラスやブラインドを内蔵したものも。

 縦繁障子(たてしげしょうじ)
縦方向の桟が多横方向の桟より多く組まれた障子。

 縦墨(たてずみ)
垂直方向の線を立面に表示した墨の総称で、柱の立面や壁面に出入口、窓などの中心線を表示している。

 建付け(たてつけ)
建具と建具枠などの相互の接触面における精度。接触面において隙間が出来たり、具合よく動かないときは「建付けが悪い」などという。

 建坪(たてつぼ)
土地に占める建築物の面積の割合。

 竪樋(たてどい)
外壁などに設けられる垂直方向の樋。

 立て鈎継ぎ(たてはぜつぎ)
板金工事において、鈎(はぜ)を葺き面にたいして立てたまま設ける継ぎ方。

 竪羽目板張り(たてはめいたばり)
羽目板を垂直に張ったもの。

 建前(たてまえ)
家屋建築で、主要な柱や梁、棟木などを組み上げること。また、その時に行う祝い。

 点前畳(たてまえだたみ)
茶室において亭主が点前を行う畳のこと。
 
 竪間渡し竹(たてまわたしだけ)
竹小舞下地にあって、小舞を固定するために柱などから少し開けて垂直方向に設けられる竹。

 立向き溶接(たてむきようせつ)
溶接者が上から下に向かって、立て向き姿勢で行う溶接。

 多塔形式(たとうけいしき)
ドイツのロマネスク建築の教会堂に用いられた、一つの教会場に4つ以上の塔が立てられた立面形式。ドイツのハンブルク地方に多く見られる。

 棚足場(たなあしば)
枠組、単管、丸太なとの支柱で支えられた、平面的に広がりのある作業床を有した足場のこと。

 棚板(たないた)
一般的には両側面の側板に支えられた水平な板。

 谷(たに)
屋根と屋根の間の交差する部分のこと。

 谷風(たにかぜ)
昼、山腹の空気が熱せられ、谷底から山腹を吹き上がる風。上昇気流の一種。

 谷木(たにぎ)
隣り合う屋根傾斜面の交わる部分(水下部)で、外壁が入隅になる部分の屋根に設
ける、母屋に対して45°に取り付けられる小屋組部材。谷部分に設ける、小屋組
材。

 谷樋(たにどい)
2つの勾配屋根の下部の先端が出会うところにできる溝型の部分で、この谷部分に
取り付けられる雨樋をさす。

 谷面戸(たにめんど)
屋根の谷の両側にできる面戸。

 種石(たねいし)
テラゾーを作る際に用いる花崗岩や大理石の小さい粒の砕石。

 田の字形(たのじがた)
四室で構成された形式の農家。

 束ね柱(たばねばしら)
西洋建築、特にゴシックの聖堂建築において、太い円柱の回りに細い柱をたくさん
束ねた表現をみせるもの。垂直性を強調する上で効果がある。

 ダブルサッシ
二重サッシのこと。断熱と遮音を向上させるためにダブルに入れるサッシ。

 ダブルシンク
台所の流し台やシステムキッチンのシンクの種類の一つ。二つの大きさの異なるシ
ンク(親子シンク)がついているもので、普段は大きいシンクを中心に用い、子シンク
は料理の下ごしらえ、つけおき洗い、水切りプレートを用いた水切りスペースなどに
利用される。

 ダブルTスラブ
ダブルティースラブと読む。工場でPC鋼線及びコンクリートによって打設して作られ
る。π型断面のスラブ。剛性が高く、自重が小さい。

 ダブル配筋(ダブルはいきん)
鉄筋コンクリート造で、構造の芯とする格子状に組んだ鉄筋を2列にしてコンクリートに埋め込んだもの。シングル配筋より強度が高い。

 だぼ
@材を接合させるとき双方に穴を空けておき、その中に挿入する木製の丸棒のこ
と。 ドイツから伝わった工法で、生産効率が良くダボ組み又はダボ接ぎという。
A棚の高さ調節するための棚受けのこともダボと言いう。

 多宝塔(たほうとう)
釈迦・多宝の二仏を祀まつる塔。「法華経見宝塔品」の説によるもの。二重の構造をもつ宝塔で、初重は方形、二重の軸部は円筒形、屋根は方形。上下の連続部分は饅頭形(亀腹)となっている。

 玉石(たまいし)
15-30cm程度の丸石をいう。緻密(ちみつ)な石塊で骨材(こつざい)用,また束石(つかいし)など木造建築の基礎に使用される。

 玉掛け(たまがけ)
クレーンやデリックなどに荷を吊らせる際、ワイヤー-ロープまたはチェーンなどを荷に掛けたり、運搬の合図を行う作業のこと。

 玉掛作業者(たまがけさぎょうしゃ)
玉掛技能講習及び玉掛特別教育を修了した者。労働安全衛生法第61条、第76条にて規定されている。玉掛を行う際に、必要な資格。これを取っていないと玉掛作業はできない。

 ダミー
ネットワーク工程表において、無作業・無時間で作業の相互関係を示すために用い
る、破線の矢線。

 ダムウェーター
小荷物専用のエレベーターの事で、床の広さと室内の高さが基準法で定められてい
る。人が乗る事は出来ない。

 ダムコンクリート
ダムコンクリートは、非常に大量のコンクリートを打込み、マスコンクリートとなるので、十分な水密性や耐久性を確保するため、温度ひび割れを防止するよう、温度制御対策(水和熱の小さいセメントの選定・単位セメント量の低減など)が必要。

 駄目(だめ)
建築工事がほとんど完成した段階で、一部にわずかに残された未仕上げの状態、または修正が必要な部分のこと。

 垂木(たるき)
屋根板を支えるために棟木から軒桁にかけて渡す構造材のこと。

 垂木掛け(たるきかけ)
下屋や庇の垂木を受けるために、柱に取り付けられた水平材。

 垂木割り(たるきわり)
垂木の配置方法。

 樽栓(たるせん)
木部の穴やコンクリートに埋められる木栓。

 垂れ壁(たれかべ)
開口部などの上にある天井から垂れ下がったような形の壁。鴨居の上の小壁もその一種である。最近は建築基準法に規定する防煙区画としての垂れ壁が重要になってきている。火災時に発生する煙は温度が高く、上方を流れるので50〜80cmぐらいの垂れ壁でかなり煙をさえぎることができるされている。

 タワークレーン
鉄塔の上に桁(けた)をつけ、その上をトロリーが移動する形式、および鉄塔にジブを取り付けた形式のクレーン。

 たわみ
「撓み」と書く。棒状の物体が湾曲する変形をたわみあるいは曲げという。

 たわみ角法(たわみかくほう)
不静定ラーメンを解くのに用いられる解法の一つ。部材角と節点角からなる方程式を作って解を求める方法。この方程式には、節点の数だけ作られる節点方程式と、層の数(階数と考えて良い)だけ作られる層方程式がある。連立方程式で解く。

 丹(たん)
 鉛丹や鉄丹などの赤色の金属酸化物。

 単位粗骨材容積(たんいそこつざいりょうようせき)
コンクリ−ト1m3を造るときに用いる粗骨材のかさの容積で,単位粗骨材量をその粗骨材の単位容積質量で除した値。

 単位水量(たんいすいりょう)
表乾状態の骨材を使って1立方メートルのコンクリートをつくる際の水の重量(kg)。単位水量はコンシステンシーと密接な関係がある。単位水量を大きくするとコンクリートは軟練りになるが、乾燥収縮の増大・水密性の低下・材料の分離などの問題が生じるので、作業に適したワーカビリティの範囲内で単位水量を減ずることを検討しなければならない。減水剤やAE剤などを適宜使うと単位水量を相当減らすことができる。

 単位粗骨材量(たんいさいこつざいりょう)
フレッシュコンクリート1m3中に含まれる細骨材の量。

 単一圧縮材(たんいつあっしゅくざい)
部材の中心軸方向にのみ、圧縮力を受ける材。

 単一材(たんいつざい)
形鋼柱・梁のように形鋼や鋼管をそのまま用いて造られた鋼管。

 単一柱(たんいつばしら)
H形鋼やI形鋼などのように形鋼や鋼管にのみで造られた柱。

 単一梁(たんいつばり)
H形鋼やI形鋼などのように形鋼や鋼管にのみで造られた梁。

 単価請負(たんかうけおい)
工事単価のみを定めて行う請負。

 単管(たんかん)
 建築現場で作業をするための足場用資材として利用される事が多い丸パイプのこと。単管パイプの最短サイズは360mmで、最長サイズは6000mm。

 単管足場(たんかんあしば)
単管を組み合わせて骨組みを作り、作業床として足場板を敷いたもののこと。 主に狭い場所での足場として使用されることが多い。

 短期応力度(たんきおうりょくど)
地震や風のような短期的に作用する外力に抵抗するための、部材に生じる応力。

 短期荷重(たんきかじゅう)
積雪荷重、地震力、風圧力など、構造物に短期的に作用する荷重。

 短期許容応力度(たんききょようおうりょくど)
短期荷重に対する、断面計算に用いられる許容応力度。

 単筋梁(たんきんばり)
鉄筋コンクリート造において、引張力が生じる側にだけ主筋を入れた梁。

 だんご貼り(だんごばり)
最も古くから行なわれているタイル貼りの基本的な工法で、タイルの貼付けは壁面の下部から上部へ、積上げていくように、一段積上げてゆく工法。白華しやすく、施工に時間がかかるため、最近ではほとんど使用されない。正式名は「積上げ貼り(つみあげばり」。

 短冊金物(たんざくかなもの)
短冊型の金物で2材をつなぎの補強にに用いる。

 単純梁(たんじゅんばり)
一端が移動端、多端が回転端で構成された梁。

 単床(たんしょう)
根太床の別称。

 暖色(だんしょく)
暖かい感じを与える色。赤・橙だいだい・黄など。

 弾性(だんせい)
物体に外から力を加えれば変形し、その力を取り除けば元の形に戻ろうとする性質。体積に関する体積弾性と、形に関する形状弾性とに区別される。

 弾性係数(だんせいけいすう)
弾性体の比例限度内では応力とひずみは比例し、その間の比例定数は物質特有の値をとる(温度によって変わる)。この値を物理学では弾性率、弾性定数などと呼び、工学では弾性係数という。

 弾性限度(だんせいげんど)
物体に荷重を加えた時に生じた変形が、荷重を取り除いたときに完全に元に回復する限界点。

 弾性変形(だんせいへんけい)
外力の作用に対して、弾性限度内において起こる材料の変形。

 鍛接(たんせつ)
属の二片を融点近くまで加熱し槌で打ったり、プレスしたりして、接合する方法。

 炭素アーク溶接(たんそアークようせつ)
母材と炭素電極の間にアークを発生させて接合する方法。電源には直流が用いられるが、電力の消費量が大きく、手間もかかるため、あまり用いられなくなった。

 単層門(たんそうもん)
屋根が一層の門の総称。上げ土門、唐門、四脚門、長屋門などがある。

 断続隅肉溶接(だんぞくすみにくようせつ)
隅肉溶接において、溶接ビードが一定の間隔ごとに設けられるもの。「断続溶接(だんぞくようせつ)」ともいう。

 単体規定(たんたいきてい)
建築基準法に規定される各種の制限のうち、個々の建築物の構造、防災避難など
に対する規定の通称。

 短柱(たんちゅう)
断面の大きさに較べて丈の低い柱.鉄筋コンクリート造では地震時にせん断破壊しやすいため耐震設計上注意が必要とされている。

 鍛鉄(たんてつ)
炭素含有量が0.02〜0.2%程度と少ない、鍛錬性のある鉄。

 タンデムローラー
アスファルト舗装などの締固めに用いられる機械。

 単塔形式(たんとうけいしき)
ドイツやオーストリアなどの、ゴシック建築の教会堂に用いられた、正面に一つの塔
を建てた立面形式。代表的なものは、ウェルム大聖堂がある。

 断熱材(だんねつざい)
建物の外壁や屋根下地などに入れて、外からの熱を遮断・保温の目的で使用。例
えば、発砲ウレタン、グラスウールなど。

 タンパー
@床スラブのコンクリートを打ち込み後に、生じる沈みによるき裂を防ぐために、コンクリート表面を叩く時に用いられる道具。
A土砂や割栗石を締め固める時に用いられる機械。

 ダンパー
@振動エネルギーを消散させて衝撃または振動の振幅を軽減する装置。建築にあっては制振装置のこと。
A防火区画などをおこなった部分を貫通するダクトなどを、貫通部で火災時に遮断する装置のこと。

 単板(たんぱん)
スライサーやベニヤ板などを用いてつくられた、主として合板用の木材の薄板。

 タンピングローラー
地盤を締め固めるための土木機械。鉄のローラーに突起を付けたもの。大型の土木工事に使われる。

 タンピングスイッチ
照明器具などに用いられる、レバーを倒したり起こしたりして電気回路を開閉するスイッチ。

 暖房負荷(だんぼうふか)
ある一定の暖房温度に達するために必要なエネルギー。

 ダンマル
天然樹脂の一種。東南アジア原産の植物の樹皮からとる。無色ないし淡黄色。テレビン油などに溶解したものをダンマルワニスといい,塗料に使う。また特に白色のものを白ニスと呼び,白エナメルの原料として利用される。

 断面図(だんめんず)
建物の垂直に切った時の図面。主に床の高さや天井の高さ、屋根勾配や軒の出などを概略を示す図。隣地や道路などの各種の高さ制限なども記入する。

 断面二次モーメント(だんめんにじモーメント)
部材の断面の微小断面と、任意の座標軸からの距離の2乗を、全断面について寄せ集めたもの。





 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.